クリスマスパーティーでのダンス

日本では、クリスマスというのは恋人たちのための日という感じですが、海外ではもちろん宗教的な意味が大きいので、家族や親せき、それに家族ぐるみで仲の良い人たちと豪華なディナーを目の前に集う日となっています。

メキシコに数年住んでいたのですが、今は旦那となったその当時の彼の家で、彼の家族や親せき、そして、お互いの共通の友達であり家族ぐるみの仲よしもそこにきて、一緒にクリスマスパーティーをするのが毎年恒例となっていました。

まずは、お母さんが用意してくれたディナーを食べて、みんなでお酒などを飲みながら団欒をします。
それが始まるのが本当は0時ぴったりなのですが、彼の家の場合は20時頃から徐々に初めて、0時くらいにはみんなでダンスパーティーが始まります。
大音量で音楽をかけて、まずは大体サルサ辺りから始まります。

メキシコはラテンの国ですから、みんな自然とダンスができる人が多く、彼のお姉ちゃん夫婦は、いつも食べることよりもダンスを楽しんでいます。
私の旦那に関しては、ダンスが苦手でステップもとれないので、私は、そのお姉ちゃんの旦那さんに誘われてサルサを踊ったりしていましたが、クリスマス、メキシコとはいえ、冬で寒いので、最初はちょっと寒いのですが、ダンスをすることで最終的には汗をかいているほど、ダンスの時間は盛り上がります。

お酒が入ってくると、ダンスが苦手な旦那もダンスをしようとするのですが、何せステップのとり方が分からないので、普通はダンスというのは男性がリードしなければいけないのですが、私に怒られながらステップをする始末です。
そでもそれでクリスマスの醍醐味ということで楽しいので良いのですが。

他のメキシコ人家庭のクリスマスパーティーにもお邪魔したことがありますが、必ずみんなダンスを挟むのです。
それほど、彼らにとってはクリスマスだけではなく、パーティーにはダンスが欠かせないものなのだなと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です