ダンスでストレス発散できてますか?食事で解消するなら酢がおすすめです。

現代はストレス社会。

通勤・通学・家事・育児に人間関係、なんでもストレスになる時代です。

体はさほど疲れていないのに、神経だけがストレスでボロボロ、なんて経験があるのでは?

そのような時は、業務を離れてもイライラしたり、疲れているのにベッドに入っても眠れなかったりしますよね。

ストレス発散のためにダンスを始めたという方も多いと聞きます。

今日は疲れてしまって踊る気力もない・・・そんな時は視点を変えて食事を見直してみましょう!

ストレス発散のための食事見直し法

クレソンなどの緑の濃い、ピタミンCがたくさんの野菜と、カツオなどの魚に、塩、こしょう、オリーブオイル、ワインビネガーを振った即席マリネはいかがでしょうか。

ワインと組み合わせると、アルコールの酔いも手伝って、ストレスを軽減してくれます。

夜中々眠れなくなってしまった場合は、この悪循環を断ち切るためにも、酢をとる事をおススメします。

酢に内蔵されるクエン酸には、神経の疲労を回復する成果があり、高ぶっている神経を鎮めてくれます。

ストレスを感じるとビタミンCが多量に支出されるので、眠れない夜には、作りおきの自家製ピクルスなどをつまんでみては?

他にはトリプトファンという催眠影響のある成分を含んだチーズ、牛乳、ピーナッツ、アーモンドなどを一緒にとると、心地よい眠りに誘われるでしょう。。。

飲みすぎた時に注意したい二日酔い対策

お酒のつまみで酢をとれば二日酔い知らず!楽しく飲んだ翌朝、「ああ、やっちゃった!」と悔やみの念が襲ってくる二日酔い。

ほどほどに飲もうと思っても、いざ飲み開始すると相当止まらないのが、お酒というものです。

だから、飲んでいる間に、酢で肝臓のパフォーマンスをパワーアップさせましょう。

お酒のつまみは酢の物、ドレッシングをかけたサラダ、最後に、お寿司をつまむというのは如何にでしよう。

おいしく飲めて、二日酔い防止も完璧です!

お酢の種類は4000を超えることをご存知ですか?

驚いたことに、お酢の種類は4千種もあるのです。

人類が作った最も年季の入った調味料といわれる酢は、まさしくワールドワイド!

各国で作られており、その数は約4千種で、そのうち約200種が、日本で手に入るといわれています。

原材料で変わる酢の種類

酢の種類は、だいたい原材料によって分類できます。

私たちが常識的に買えるものは7~8種で、原材料は穀物や米、ブドウやリンゴなどが主なもの。

個個の特徴を知って使い分けると、酢の世の中がグ~ンと広がります。

料理以外なら安いもので十分!機能面で優れた酢は原料によって、味、香り、風味が差異ますが、主成分である酢酸の濃度はいずれも4~5%と変わらず、効能に差異はないのです。

だから、住宅や衣類の手入れなどにふんだんに利用したい事例は、安い穀物酢などで十分。

穀物酢はさっぱりしているので、使用感も上々です。

料理に使用する場合は味や香りにこだわって、お好きな酢を活用してみてはいかがでしょうか。

原材料によって変わる味覚の世界を楽しんでください。

お酢を探す際にはお酢の比較サイトも参考にされると良いですよ。

参考:おいしい酢.com

ダイエット目的にダンスしてますか?

最近はダイエット目的でダンスを始められる方も多いです。

駅前のジムなどでも気軽に始められるようになりましたね。

ライ〇ップみたいに、がっつりじゃなく気軽に楽しみながらできるのが良い所です。

でもダイエットしなくても健康的に痩せるならやはり食事を見直すのが先決です。

ダイエットに酢がおすすめな理由

酢を使った料理は、野菜や海藻の酢の物やサラダなど、さっぱり味が良いですよね!

カロリーが抑えられるうえ、野菜や海藻で食物繊維がたくさんとれるので、これも便秘決着に一役買います。

体験談などでよく「酢で痩せた!」という話を耳にしますが、厳密にいうと、酢には脂肪を減らす働きはないのです。

でも、酢を定期的とり続ける事で、結果的にダイエットになるという事はあります。

以上のように、酢をとり続ける事は、最初に体を健康にし、それが自然にダイエットにつながっていくという事なのです。

外食が多くなる!そんなときは?

でも、外食が多く、必然的に酢を使ったものがうまくとれないという人も多々あるはず。

そんなときはは、酢大豆を作りおきしてはどうでしょうか?

大豆は食物繊維や、脂肪の代謝をよくする大豆サポニンを含み、酢の働きを大満足助けてくれます。

酢には体内に入った糖分をブドウ糖に替え、エネルギーとする働きがあるので、酢をとっていれば、食べたものがびしっとエネルギーとなり、代謝されていくのです。

そして、胃腸の消化吸収を高めるので、自然と便通が良くなり、それがダイエットにつながっていきます。

まとめ

ストレスが溜まってしまって、ダンスも中々・・・というときは視点を変えてみましょう。

やはりダンスは活き活きと踊れるのが一番です。

ストレスを溜めないのは不可能な時代なので上手に発散していきましょう!

関連記事

  1. 子ども時代の「ダンストラウマ」を脱した経験

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。