ダンスが大衆化される時代へ

日本人は本来、恥ずかしがり屋で人前で何かをすることがあまり得意ではないです。一部の人だけが前に立ち、それを周りで感心している割合の方が多い人種なのです。例えば、人前で踊るということに関しても、盆踊りなど大人数で踊る分には参加しますが、参加する人数が少なくなると躊躇することが多いのです。そのため、ダンスというものは得意な人がするもの、興味がある人がするものと感じ、ほとんどの人は見る側に徹してきました。社交ダンスやヒップホップダンスなど、特に技術が必要だと感じると尚更です。

しかし、近年その状況が変わりつつあります。ダンスは広く一般的になってきているのです。その理由は幾つかありますが、まずは生活が安定して趣味の時間が増えた人が多くなったことです。ダンスをする余裕が生まれ、ちょとしたきっかけで始めるなどしてダンス人口が増えることで、さらにダンス自体が身近になっていくという拡がりがありました。

次にダンスの浸透度合いが高まったことです。テレビの普及で各家庭がテレビを持ち、制作側も様々な発信をしてきましたが徐々にその内容がバラエティーに富んできました。歌番組ではアイドルがダンスを披露し、教育番組ではリズムに合わせてダンスの時間ができました。そして、90年代以降ではダンスの自体の企画番組も数々出てきました。社交ダンスを踊れるように練習したり、ダンス大会を放送したりと内容は様々ですが、ダンスを見る機会が増えたことでダンスに対する抵抗は薄れ、より身近に感じられるようになってきました。

最後にダンス人口の低年齢化があります。ダンスがより身近になってきた証拠に、大人が多く楽しむものであった印象のダンスですが、最近では未就学前からヒップホップダンスなどをやっているなど子供時代からダンスを始める人が増えています。小さなうちから始めることでより大衆化されてきているのです。時間をかけて身近になってきたダンス文化ですが、今ではコミュニケーションのツールとして授業に取り入れられるなどもしています。ダンスはさらに日本人にとっても身近な存在になっていきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です