ヒップホップダンスって?

dj

厳密に言うと、ヒップホップダンスというダンスは存在しないかもしれません。というのも、ヒップホップというジャンルのダンスが存在するのは事実ですが、ヒップホップダンスとはどこからどこまでがヒップホップダンスだという定義が難しく、逆にヒップホップダンスでないものは何かという定義も難しいのです。

おおざっぱにいうと、ヒップホップダンスはストリートダンスのカテゴリーではニュースクールに分類され、一般的には音楽としてのヒップホップに合わせて踊るため、ヒップホップダンスというジャンルで呼ばれています。同じニュースクールのカテゴリーとしては、ハウスダンスなどが含まれます。この、ニュースクールのカテゴリーの対になるものが、オールドスクールと呼ばれ、ブレイクダンス、ポップダンス、ロックダンスなどのジャンルが含まれます。

これらのジャンルのルーツも、そのダンスがどのような音楽に合わせて踊るかという違いが根本的にありますが、音楽の違いがダンスの動きの違いも生み出しているのです。ただ近年のストリートダンスの発展は目覚ましく、他ジャンルのダンスの動きや、新しい動きを取り入れたりとジャンルの垣根を超えた、フリースタイル感覚を備えたダンサーも多く存在しています。その中でもヒップホップダンスはフリースタイル要素の強いダンスであり、様々なルーツの動きが複合的に含まれるため、ダンスの動きだけで定義するのは非常に難しいのです。

また音楽としてのヒップホップも年代や地域によって様々なため、それに合わせて踊るヒップホップダンスも曲の違いで印象がガラッと変わるものです。しかしながら、逆に言えば基本さえ身につければ様々な要素を取り入れたりアレンジしたりと表現の幅を広げることが出来ると思います。あくまでヒップホップっぽさを追求するのも良いと思いますし、他ジャンルを学んでヒップホップにアレンジしてみるのも良いと思います。また見る側としても、様々なジャンルをヒップホップと見比べてみると面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です